電話のおやこ 廃番 中古リペア品 カツラ材

今やなかなか見かけることもなくなったダイアル式の電話を模した木のおもちゃです。寺内定夫がこだわった「親子」シリーズの一つで、とても美しい傑作デザインの作品です。
この商品は結構売れたのですが、随分前から廃盤になりました。
理由は作れる職人がいなかったから。
受話器の半ドーナツ型の加工は大変難しく、汽車つみきなど寺内定夫デザインの多くを熟練の技で作り続けてくれた職人さんが引退してからは、廃盤にせざるを得ませんでした。
カツラ材の入手が難しくなるよりもかなり前のことです。

今の子どもにはこのカタチが電話だとは分からないのでは?とも思いますが、案外教えなくても耳に当てて、ままごと遊びなどに使って遊んでくれるようです。

こちらは約四十年前に生産した中古のリペア品です。
かなり遊んでもらえたらしく、キズが多かったのですが、ラッカーが剥げた部分は再度ラッカーをかけ、お米由来のワックスで数回磨いてかなりリカバリーできました。
アンティークな味わいも出ていますので、古いおもちゃのコレクターの方にもおすすめです。
当時も仲よし車のシリーズの倍近い価格でしたので、今制作販売したら2万円でも多分利益が出せないです。

どこかに寺内定夫直筆のサインを焼き込みしてお届けします。

サイズ 大きな電話 15cm×12cm高さ14cm。小さな電話 9cm×9cm高さ10cm。重さ、二つで約700g。
カツラ材薄めのクリアラッカー塗装仕上げ。ワックスクリーニング、コーティング済み。

¥ 9,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価