ブナの2段ひきだし 中古リペア品

ブナでしっかりと作った寺内定夫デザインの引き出しです。
本来は「さくらままごと」という商品名で、桜材の小さなままごとのセットが入っていました。
ままごとは付きませんが、何かおまけを引き出しに忍ばせてお届けします。
中古リペア品ですが、使用感はあまりなく、とてもキレイです。
底(最後の写真)に擦りキズがややありますが、リペアであまり目立たなくなりました。
寺内定夫は、ひきだしに夢を感じ、色々なひきだし作品を作っています。
しまじろうのヘソカのひきだしでも使用されたひめひきだしがその代表作になります。
この2段のひきだしも、おもちゃと呼ぶにはとても堅牢で美しい作品です。
ままごと遊びに使ったり、子供への初めての家具、ファーストファニチャーとしてのプレゼントにも良いものです。
すでに20年以上、生産から時が経っている商品ですが、これからも数十年以上共に過ごすことができます。
ちょっとした小物入れなど実用的にも使えます。

ブナ材の無垢で丁寧に作っているため、今同じスペックで復刻したら少なくとも3万円以上にはなってしまいそうです。
販売していた頃もあまりたくさん作らなかったので、かなり貴重な作品です。
けやきままごととの相性も抜群です。


ブナ材 クリアラッカー塗装仕上げ ワックスクリーニング済み 
幅19cm奥行き17cm、高さ19cm。重さ約2kg。

¥ 16,000

SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※この商品は送料無料です。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価